閉じる
  1. 三環系抗うつ剤を改善した四環系抗うつ剤についてを解説します
閉じる
閉じる
  1. 三環系抗うつ剤を改善した四環系抗うつ剤についてを解説します
  2. 最も古い歴史を持つ今はあまり使われない抗うつ剤は三環系抗うつ剤
  3. SSRIとともに使われている高性能かつ副作用の少ないSNRIとは
  4. 現在第一線で活躍している最も人気かつ効果の高い抗うつ剤はSSRI
閉じる

ネットで抗うつ剤の購入を検討されている人の為のサイト

三環系抗うつ剤を改善した四環系抗うつ剤についてを解説します

うつ病というと、現代病としてのイメージが強いですが実はうつ病の治療薬自体は歴史が結構古いんですね。その中でも、色々と進化改良が加えられてきたのが、今使われている抗うつ剤の数々なんですね。

それらの中の一種類に数えられる抗うつ剤を紹介しましょう。

■四環系抗うつ剤とは何か
四環系抗うつ剤というのは、最も古い歴史を持つ三環系抗うつ剤を改良して作られたものです。三環系抗うつ剤は抗うつ効果が強い半面、重篤な副作用を伴う危険性があることから、より安全性を重視して作られたのがこの四環系抗うつ剤です。

複座用はかなり少ないのですが、その分効果も非常に少ないというところもあって、あまり広く普及はしませんが軽度うつ病には効果があるということで一部処方されています。

■四環系抗うつ剤の特徴
四環系抗うつ剤は副作用が少なく、1週間程度で効果が出るなど即効性も三環系抗うつ剤に比べると改善されていますね。効果は、眠気を誘うというふうな作りで深部睡眠を深める効果があるので不眠症などによるうつ病に対して効果が高い、とされているんですね。

四環系抗うつ剤は、基本的には三環系抗うつ剤と同じくモノアミンの再取り込みを阻害し、特にノルアドレナリン優位の増殖効果の作用が強い、というところが特徴となっています。

■四環系抗うつ剤を処方する人
先程も言ったとおり、副作用が少ない分効果も薄いので、軽度うつ病の人にしか効果がありません。特に、不眠症やストレスなどでのうつ病に関しては確かな効果があるとされているのがこの四環系抗うつ剤ですね。

なので、うつ病の中でもそういった特徴のある人などに処方されることが多い、というところがこの薬の使い道となっています。

関連記事

  1. SSRIとともに使われている高性能かつ副作用の少ないSNRIとは…

  2. 現在第一線で活躍している最も人気かつ効果の高い抗うつ剤はSSRI…

  3. 最も古い歴史を持つ今はあまり使われない抗うつ剤は三環系抗うつ剤

おすすめ記事

  1. 三環系抗うつ剤を改善した四環系抗うつ剤についてを解説します

ピックアップ記事

  1. うつ病というと、現代病としてのイメージが強いですが実はうつ病の治療薬自体は歴史が結構古いんですね。そ…
  2. 抗うつ剤というのは、うつ病に使われる治療薬なのですが種類もたくさんあるんですね。それぞれ、うつ病の症…
  3. 抗うつ剤には、いろんな種類があるのですが特に時代によってうつ病患者が増えてきたことで、抗うつ剤の改良…
  4. 抗うつ剤、というのはうつ病が現代病として広く認知されるにあたって、過去のものからどんどん改良がされて…
ページ上部へ戻る