閉じる
  1. 三環系抗うつ剤を改善した四環系抗うつ剤についてを解説します
閉じる
閉じる
  1. 三環系抗うつ剤を改善した四環系抗うつ剤についてを解説します
  2. 最も古い歴史を持つ今はあまり使われない抗うつ剤は三環系抗うつ剤
  3. SSRIとともに使われている高性能かつ副作用の少ないSNRIとは
  4. 現在第一線で活躍している最も人気かつ効果の高い抗うつ剤はSSRI
閉じる

ネットで抗うつ剤の購入を検討されている人の為のサイト

最も古い歴史を持つ今はあまり使われない抗うつ剤は三環系抗うつ剤

抗うつ剤というのは、うつ病に使われる治療薬なのですが種類もたくさんあるんですね。それぞれ、うつ病の症状の度合いなどに合わせて薬を使い分けるのですがその中の一つを紹介していきましょう。今回紹介するのは、抗うつ剤の中でも歴史が特に長いものです。

■三環系抗うつ剤について
抗うつ剤の中でも、三環系抗うつ剤は最も歴史の古い抗うつ剤で使用され始めたのは1950年代とかなり昔から使われている抗うつ剤です。非常に協力な抗うつ効果があるのですが、その分副作用も強く更に多いです。なので、使い方によっては非常に重篤な副作用が起きてしまうというリスクがあるため、現在は安易に処方されることがないかなり難事例などに限って処方される、という非常に限定的な抗うつ剤という特徴があります。

■三環系抗うつ剤の仕組み
主に作用する仕組みは、モノアミンの再取り込み阻害をするという効果があります。このモノアミンは気分に影響を与える神経伝達物質の総称で、他の抗うつ剤などに使われるセトロニン再取り込み阻害の他、ノルアドレナリンやドーパミンなども含んだ意味になっています。

これらモノアミンの再取り込みを阻害すると、モノアミンの吸収分解がされなくなり、モノアミンが減らずに増殖しているので気分が持ち上がるというような効果になっているんですね。

■三環系抗うつ剤は使われなくなった
1950年台から使われていた古い薬のため、作りが荒いのもあってモノアミン以外にも作用するというのが副作用が多い理由です。口が乾いたり便秘や尿閉、性機能障害などがあったりとかなりひどい副作用があるほか不整脈を起こすこともあり、最悪命に関わる副作用も見られているのです。

関連記事

  1. 現在第一線で活躍している最も人気かつ効果の高い抗うつ剤はSSRI…

  2. 三環系抗うつ剤を改善した四環系抗うつ剤についてを解説します

  3. SSRIとともに使われている高性能かつ副作用の少ないSNRIとは…

おすすめ記事

  1. 三環系抗うつ剤を改善した四環系抗うつ剤についてを解説します

ピックアップ記事

  1. うつ病というと、現代病としてのイメージが強いですが実はうつ病の治療薬自体は歴史が結構古いんですね。そ…
  2. 抗うつ剤というのは、うつ病に使われる治療薬なのですが種類もたくさんあるんですね。それぞれ、うつ病の症…
  3. 抗うつ剤には、いろんな種類があるのですが特に時代によってうつ病患者が増えてきたことで、抗うつ剤の改良…
  4. 抗うつ剤、というのはうつ病が現代病として広く認知されるにあたって、過去のものからどんどん改良がされて…
ページ上部へ戻る